器質性EDとは

器質性EDとは

器質性EDとは生活習慣病に起因する高血圧や動脈硬化、糖尿病、脂質異常症などから起こるED(勃起不全)の名称の一つです。

器質性ED

器質性EDとして分類されているのは以下の4つです。

・血管性


勃起は、陰茎の海綿体に血液が充満することで起こる反応です。そのため、勃起と血管は切っても切れない関係で、血管の障害はEDの原因となります。血管性EDは、海綿体の動脈硬化や勃起時の整脈閉鎖機構の機能障害、骨盤外傷、手術後の血流障害など、海綿体への血液の流入が制限されることで発症します。

・神経性


勃起のメカニズムは脳が性的刺激を受け、神経系を通って陰茎に指令を出すことで起こります。よって脳からの陰茎の間で神経系の異常があるとEDに繋がってしまうのです。主な症状は多発性硬化症による神経障害、糖尿病性神経症、脳卒中、パーキンソン病などが挙げられます。脊髄損傷や脊椎、腰椎の手術を行った方でも起る可能性があります。他には器質性精神障害も同様に脳に障害をもたらす疾患で陰茎部への伝達指令ができない場合にEDとなります。また先に血液系の原因で挙げた糖尿病は、血管を傷つけるだけでなくいろいろな臓器や神経にも影響を及ぼす為、ED解消の為には特に気をつけなればいけない病状です。

・内分泌性


男性ホルモンの分泌低下が原因となります。男性ホルモンの1つであるテストステロンは性欲の亢進や生殖器の発育に影響を与えるホルモンですが年齢を重ねるごとに低下していく為、勃起力が弱まり ED につながります。加齢の他にも飲酒や喫煙、ストレスなどがテストステロンを低下させる要因と言われています。最近では若い年齢の方もEDが増えており、上記の原因が考えられます。

・外傷・手術


「外傷によって陰茎が傷つく、先天的な陰茎の奇形」「頭部外傷・骨盤骨折及び、それに伴う手術の影響」、こういった要因によって引き起こされる勃起不全が外傷・手術によるEDです。また、「勃たない」という一般的なEDのほかに、勃起時に陰茎が不自然に折れ曲がるペロニー病(陰茎形成性硬化症)もEDの一種として扱われます。

具体的には、勃起に関わる各神経、組織、血管系、または陰茎自体の異常などの解剖学的な問題が原因で発症するEDを指します。また、男性ホルモンの分泌阻害によって発生する内分泌性障害や陰茎折症・脊髄損傷など、外傷の後遺症として発生する性機能障害も器質性EDに含まれます。

勃起不全

Comments are closed.