勃起不全・EDとは?

勃起不全・EDとは?

勃起不全・EDとは、男性の性機能障害の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持ができないため、満足に性交の行えない状態をいいます。また、日本性機能学会の定義によれば、通常性交のチャンスの75%以上で性交が行えない状態とされます。

 勃起不全・EDとは

EDにもいろいろな状態がありますが、「まれに勃起しないことがある」「勃起できるかどうか不安に感じてしまう」といった、本人が勃起に関しての自信や充実度が少なくなっているという場合も、治療対象であるといえます。

こうして、勃起に至るまでの思い=メンタル、として考えると、勃起不全を考えるには色々にこまやかな症状が存在します。

・性欲はあり興奮もするのだが勃起には至らない
・挿入しても途中でペニスの硬さがなくなり抜けてしまう(中折れ)
・勃起をしても十分な硬さに感じられない
・いつも勃起しないというわけではない(パートナーに原因があるのかを考えてしまう)」

このように色々な症状があります。

EDに悩む人は、加齢に伴い増加傾向にあります。器質性のEDは50代以上に多く見られるが、機能性(心因性)のものは若年層にも多く見られます。2010年現在、日本を始めとする先進国では健康寿命が長い傾向があり、年齢が上がっても性交をしたいと考える老年者が増えてきたことも、近年EDが注目される要因とも考えられます。白井将文が住民台帳からの無作為抽出で調査し、1998年、アムステルダムにおける第8回国際インポテンス学会で発表したデータによれば、その罹患率は40代前半16%、40代後半20%、50代前半36%、50代後半47%、60代前半57%、60代後半70%です。

また、「成人男性の健康と性に関する調査委員会」の報告に拠れば、20歳から39歳という若年層の4.7%が勃起不全を訴えています。

かつては患者が非常に言い出しにくい症状であり、治療も困難であったが、後述する「バイアグラ」の出現以降、患者と医師が協力して、また同時に特にパートナー(妻)の助けも必要とせず、患者単体で治療に当たれる事から、患者もより積極的に治療に当たれる体勢が整いつつあります。

年齢に関係なく若い人でも起こるED。その原因は?年齢だけではありません。毎日の生活パターンがEDの原因です。

確かに歳を重ねるとEDになる割合は高くなります。しかし、最近は歳のせいだけではないことがわかっています。知らず知らずのうちにストレスをためていたり、不規則な食事を続けていたり、車での通勤による運動不足、連日のお酒の飲みすぎ、喫煙など毎日の生活パターンが原因となって起こることが多いのです。糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病の方は、EDになるリスクはさらに高くなります。

現在では、EDを専門とする治療、医薬品が多数ありますので、自分にあった対策を検討しましょう。正しく状況を把握し、治療や改善方法を理解することで、良くなるのが勃起不全です。勃起不全の改善方法は患者と医師が協力して、また同時に特にパートナー(妻)の助けも必要とせず、患者単体で治療に当たれる事から、患者もより積極的に治療に当たれる体勢が整いつつあります。

レビトラ

Comments are closed.