レビトラの効果

レビトラの効果

レビトラが一番勃起効果が強いED治療薬なのか?


レビトラは、男性機能の勃起不全や、勃起を持続できない方の治療を目的としたED治療薬です。レビトラはED治療薬であるため、基本的な効果・効能は男性器の勃起の補助です。その効果・効能について、具体的にご紹介します。

レビトラ特徴勃起は、性的刺激・興奮を受けることでNO(一酸化窒素)が放出され、局部の細胞内にcGMP(サイクリックグアノシンーリン酸)という血管を拡張させる物質が増えることで起きます。そして、放出されたcGMPをPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素が壊すことで海綿体の血管が収縮して勃起が治まります。レビトラは勃起を持続させるのに必要なcGMPを壊すPDE5を阻害(抑制)する作用があるため勃起補助の効果があります。

レビトラは、使用するシチュエーションに応じ、柔軟に対応できる薬剤で、必要時に服用して頂ければ、ある程度の効果は期待できます。最大限の効果を得たい場合は、ポイントをきちんと把握して使用することが、やはり大事になります。性行為の20~30分前の服薬がお勧めです。

レビトラは食事の影響を受けにくいとされていますが、まったく受けないわけではありません。影響を受けない食事には、一定の条件があります。製造元であるバイエルの資料では、「標準的な食事の影響は受けない」とされており、なおかつ「総エネルギーの脂肪の割合は30%以内」という条件があります。栄養学でいう標準的な食事とは、成人男性の場合で1食あたりおよそ700kcalです。その30%ということは、210kcalまでの脂肪であれば影響をおよぼさない食事であるといえます。食後にレビトラを服用する場合は、総エネルギー700kcal、脂肪210kcalが限度であることに注目しましょう。

レビトラは非常に使いやすいED治療薬です。程よい持続時間と勃起促進効果、そして即効性の高さが最大の特徴です。効果的な服用方法で即効性を実感できます。即効性があり食事の影響を受けにくいレビトラは、バイアグラの弱点を補ったED治療薬と言えます。即効性があるため、急な性行為にも対応ができる服用しやすいED治療薬と言えます。水などで服用後、およそ20分ほどで勃起効果が発動し、満足な性行為を行うことが可能となります。アスピリンの開発で有名な世界有数の製薬会社であるドイツのバイエル薬品社が製造販売しております。

レビトラ解説