レビトラの持続時間

レビトラの持続時間

レビトラ時間レビトラは2003年にドイツのバイエル社から発売され2004年に正式に日本で認可された世界で2番目にできたED治療薬です。日本では、レビトラ5mgと10mgと20mgが認可となりました。レビトラの規格が違いますから、レビトラ時間も違います。これから、詳しい説明しましょう。

気になるレビトラの効果の持続時間は、容量によって異なります。現在、国内で販売されているレビトラには、5mg、10mg、20mgの3種類がありますが、有用性の面からほとんどの病院で処方されているのは10mgと20mgとなっています。10mgの持続時間は約5~6時間、20mgの持続時間は約8~10時間です。持続時間は服用する方の体質や体調によって左右することもありますが、通常はこれくらいの時間で効果を実感することができます。

レビトラはバイアグラを更に改良して使いやすくなったものです。バイアグラが服用後1時間ぐらいで効果が出始めるのに対して、レビトラは15分から30分で効果が出始めます。バイアグラは空腹時でないと効果が出ませんが、レビトラは食事の影響をあまり受けません。効果の時間もバイアグラが3~4時間に対してレビトラ(20mg)は8~10時間と長くなっています。現在日本で認可されているED治療薬で一番強力な勃起力を得られるのは、レビトラ20mgとなります。

レビトラの錠剤に含まれる主成分バルデナフィルの量に比例して、10mg錠よりも20mg錠のほうが3~4時間ほど作用時間は長くなります。

これだけ見みると20mgの方が作用時間が長く、お得だと感じますが、作用時間が長ければ良いというものでもありません。10mg錠と比べて、20mg錠は作用時間が長いだけでなく、薬の作用そのものも強くあらわれます。勃起効果だけでなく、ほてりなどの副作用も強くなる場合がありますので、この点は十分に理解しておかなければなりません。

レビトラの特徴として、食事の影響を受けにくいという点が挙げられますが、空腹時と満腹時では作用時間と効力に差があるといわれています。胃の中を空っぽにした状態で服用すると、薬の成分がより吸収されやすくなり、レビトラの効果があらわれるまでの時間が早く、作用が持続する時間が長くなります。

早く効いて、長く効果を持続させたい場合は「空腹時に服用することが望ましい」といえるでしょう。レビトラは、バイアグラに続いて世界で2番目に開発・製造・販売されたED治療薬です。製造販売はドイツのバイエル社、2004年には日本でも販売され始めています。

レビトラは一番効果があるED薬