レビトラジェネリック

レビトラジェネリック

レビトラジェネリック

レビトラジェネリックとは、バイエル薬品株式会社が開発したレビトラ以外で、有効成分バルデナフィルを含有したED治療薬の事を指します。

ジェネリック医薬品は新薬(レビトラなど)の特許が切れてから別の製薬会社が製造を許可される薬で、同じ有効成分で作られています。同じ成分の薬になるので、同じような効果が期待できるものです。

レビトラジェネリックの最大の特徴は、効果が現れるまでの時間です。薬を服用してから最短で15分、遅くても30分ほどで効果が現れます。即効性があるので、非常に使いやすいとされています。ED治療薬はパートナーに見つからないようにこっそりと飲む人が多くいると思います。

また、効果が現れる時間を逆算して飲む必要があるのです。15分前であれば逆算もしやすいのではないでしょうか。突然女性と盛り上がり、薬の効果を得たいと思った場合でも対応が可能なのです。有効成分であるバルデナフィルには、水に溶けやすい性質があります。

その性質は、服用後の体内への吸収に活かされ、ED治療薬の中で最も速やかに効果発現されるといわれています。空腹時に服用することによって、さらに吸収しやすくなり、15~20分程度で効果が現われます。勃起力の持続性にもすぐれており、成分含有量10mgで最低5時間、20mgで最大10時間程度の作用が認められています。

また、服用時の食事の影響も受けにくく、約700kcal程度で脂分控えめのあっさりしたものであれば、問題ないとされています。

日本でも3年間に及ぶ承認申請の末、2004年にバルデナフィル5mg・10mgの承認が取得され、発売が開始されました。しかし、発売当時は10mgでもあまり効果が得られない事が指摘され、再度臨床試験を日本で行い、安全性に問題ない事が確認した上で、2007年に20mgの販売が開始されています。

日本では、こうした特許の問題から海外で製造されたレビトラジェネリックが専門医からも処方されています。中でも、通称インドジェネリックと呼ばれる、インドで製造されたレビトラジェネリックが多くのシェアを誇っており、バリフ・ジェビトラ・レビスマ・サビトラは日本だけでなく、世界的にも知名度が高い医薬品となっています。

日本でもこのような背景から、ジェネリックに対する安全性や考え方が見直され始め、レビトラジェネリックを個人輸入で購入する男性が増えています。レビトラジェネリック医薬品となるので、それぞれ少しずつ効果の現れ方などが違うことがあるので、色々試して好みのものを見つけてみてください。

レビトラジェネリックでED撃退