ジェビトラの基礎情報サイト

ジェビトラの基礎情報サイト

ジェビトラジェビトラとは、インドの製薬会社であるサンライズレメディ社が製造・販売を行っているレビトラのジェネリック医薬品です。レビトラと同じバルデナフィルを有効成分として含有しています。

サンライズレメディーズ社は1995年に設立された製薬会社で同社が製造販売するED治療薬、女性用医薬品は低価格で品質が高いこともあり現在では世界中に多くの利用者がいます。

WHO(世界保健機構)によるGMP(医薬品等の製造品質管理基準)に基づいて製品は開発され、信頼性の高い製薬会社としても有名です。

ジェビトラはPDE5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬です。PDE5は陰茎海綿体に存在する分解酵素であり、陰茎海綿体内で血管拡張作用に寄与しているcGMPを分解します。

PDE5によってcGMPが分解を受けると、その濃度が減少することで血管拡張機能が低下し、陰茎海綿体内に流入する十分な血流を保てなくなってしまうため、勃起とその維持に支障をきたすようになります。

ジェビトラにはバルデナフィルの配合量が20mg、40mg、60mgの3つのタイプがあります。日本国内で認可されているレビトラは、バルデナフィルの配合量が最大でも20mgです。40mgや60mgは日本人よりも体格が大きい外国人向けのものとなっています。

欧米人に比べると身体が小さい日本人には20mgで十分です。そのため、40mgや60mgのジェビトラを使用するときには、事前にピルカッターで細かく割って適切な量のバルデナフィルを摂取できるようにしましょう。

少しでもED治療薬の効果を得ようとして40mgや60mgを一回で飲んでしまうと、副作用が強くでてしまう可能性もあります。後述の体験談を読んでもらえば分かりますが、ジェビトラはピルカッターで割った半分以下のものでも十分に効果を期待することが出来ます。

ジェビトラはED治療薬として有名なレビトラのジェネリック医薬品です。レビトラの有効成分であるバルデナフィルをジェビトラも配合しているために、ジェビトラを飲むことでレビトラと同じ勃起促進効果を期待することが出来ます。インド製の医薬品ということに不安を覚える方もいるかもしれませんが、ジェネリック医薬品としてきちんと認可されているので、用法用量を守ることで安全に使用することが出来るものです。

このレビトラの費用の悩みを解消してくれるのがジェビトラなどに代表されるジェネリック医薬品です。後発の医薬品であるために研究費などをかける必要がなく、安価で売り出すことができます。ジェビトラの場合は、20mgならば200円程度です。

レビトラの10分の1でコスパは抜群です。レビトラと全く同じ効果を得られるのだから、レビトラを買うのがバカバカしくなってしまう価格差ですよね。レビトラに興味があるか方は、思い切ってネット通販でジェビトラを探してみることをおすすめします。

ジェビトラ紹介