レビトラの副作用

レビトラの副作用

レビトラ副作用レビトラなどのED治療薬バイアグラ・シアリス同様に血管拡張作用がありますので、血管が拡張することによって症状が出やすい部位に副作用が起きます。代表的な副作用としましては、目の充血」や「紅潮」などの症状があらわれることがあります。これらの症状は、お薬の成分が体内に吸収され、効き目が現れてきている証拠なので、ご安心ください。その他には、「動悸」「鼻づまり」「光に過敏になる」「頭痛」などの症状が見られるケースがあります。

レビトラの副作用は、バルデナフィルの効果で陰茎周り以外の血管か拡張し、血流が良くなることで引き起こされるのがほとんどです。レビトラの代表的な副作用について、ひとつひとつ詳しくみてみましょう。

顔のほてり

レビトラの血管拡張効果によって血の巡りが良くなることで起こります。顔全体が赤みを帯び、熱く感じます。

頭重感、頭痛

頭の血管が拡張することにより起こります。偏頭痛などで「血管拡張型」の偏頭痛といわれた方は頭痛が出やすいかもしれません。

動悸

身体の血管が拡張し太くなるため、ポンプである心臓が頑張って血を送りだそうとし、普段よりドキドキと動悸を感じることがあります。心臓に大きな疾患などがあるわけでなければこの程度の動悸は心配いりません。

目の充血と鼻づまり

粘膜の毛細血管が拡張し赤みを帯びたり、膨張することにより起こります。一時的なものであり、有効成分が代謝されることで自然に症状も消えますので心配はいりません。

胃の不快感

腹部の血流が良くなり、胃の働きが活発になると、胃酸が多く分泌され、一時的な胃酸過多や逆流性食道炎のような症状が出ることがあります。こちらも薬が必要なほどの症状ではありませんが、心配な方は胃薬などを併用していただくことも可能ですのでご安心ください。

これらの副作用は、レビトラを服用したすべての方に出るわけではなく、発現するのは3割弱の方です。しかも、どの副作用もレビトラの効果が持続している間中ずっと続くという方は稀で、有効成分バルデナフィルの血中濃度がピークに達する服用後1時間くらいのタイミングに、少し感じるという方が多いです。

本来、レビトラには命にかかわるような副作用を持つ成分は含まれておりません。ただし、入手経路によっては危険な成分が含まれているケースがあるので、必ず正式な医療機関でご購入してください。正式な医療機関であれば、医師の適切な判断のもと処方されますので、ご安心して服用することが可能です。

時間が経っても副作用が治まらない、どうしても気になる副作用が出たという場合には、医師に相談しましょう。

レビトラで勃起不全を解決